読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海駐在嫁(予備軍)の日々

元公務員の新米駐在妻。上海での生活を備忘録的に綴っていきます☆

08.去迪士尼。

f:id:aytk8123:20170418175936p:plain

こんにちは!凛華です(^^)

先週の土曜日になりますが、上海ディズニーランドへ行ってきました!

 

主人がこっそりチケットを取ってくれていたみたいです♪

木曜日、3週間ぶりに再会した主人と週末の予定を相談した時には、そんな素振り一切見せなかったのに・・・!

仕事中に予約画面を送ってきて、「明日行くからリサーチしておいてね」と言われました。笑

 

当日、天気は快晴(珍しく青空)、最高気温はまさかの28℃・・・!

家からディズニーまでは乗り換えなしで40分、8時30分過ぎに到着。

入場時のセキュリティチェックに時間がかかり、入園できたのは9時15分頃。

(この日1番並んだのがこの入場ゲートでした。笑)

 

まずは有料のファストパスをゲットすべく、エントランス周辺を徘徊。

スタッフに聞きまくり、無事に購入できました。

どうやら人数制限があるらしく、販売所の入口で人数と購入内容を申告。

それに加えて、転売利用を防ぐためか、スタッフ(日付を書いたタブレットを持っていました)と一緒に写った写真を各アトラクションで見せないと乗れないということでした。

 

ファストパスの内容は  

 ・トロン・ライトサイクル・パワーラン  

 ・ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン  

 ・バズライトイヤー・プラネット・レスキュー  

 ・ロアリング・ラピッド  

 ・七人のこびとのマイントレイン  

 ・ピーターパン空の旅  

 ・プーさんの冒険

7枚セットで600元でした。(バラバラで買う場合は1枚150元)

平日はもう少しお安くなるみたいです。

某サイトによると人気ナンバーワンの「カリブの海賊」は含まれていませんので、ご注意を。

最初に乗ったのは「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」。

世界各国の世界遺産や遺跡を空から楽しめるライドアトラクション。

要所要所で香りが漂ってきたり、水しぶきが上がったりと、4Dの要素もあって楽しめました。

 

次に乗ったのは「ロアリング・ラピッド」。

回転する8人乗りボートに揺られていく急流すべりのようなアトラクション。

座る場所によって結構濡れますが、その割にスリルはあまり感じませんでした。

後ろ向きに下っていく時は多少のドキドキ感はあるものの、傾斜が弱く距離もないので迫力には少し欠けるかな?

 

3番目は「カリブの海賊 バトル・フォー・サンケン・トレジャー」。

プロジェクションマッピングが駆使されていて見事でした!

TDLは13年前、TDSでさえ3年前に行ったっきりなので正直記憶は定かではないんですが、上海版の方が面白かったです!

先述の通りファストパスがないので40分ほど並びましたが、1回の定員が30人×2台=60人なので回転は速め。

しかも運よく一番前に乗れて、世界観を満喫できてラッキーでした!

 

4番目は「バズライトイヤー・プラネット・レスキュー」。

トイストーリーマニア」と同じようなアトラクションですが、中国版の方が高得点が出やすいみたい。

私は61万点、主人は90万点も出てました。笑

無料のファストパスも結構遅めまで残っていたので、2回乗っても良かったかも。

 

5番目は「トロン・ライトサイクル・パワーラン」。

私も主人もこれが一番気に入りました!

主人は「次来たらファストパス取って2回乗る!」と、早くも意気込んでいたほど。

バイク型のローラーコースターで、屋内から屋外へ繋がるコースを走っていくんですが、カウントダウンからの急発進、急加速、高速カーブと、疾走感がスゴい!

今までにない姿勢でのライドは爽快感があって、ハマります!

東京を超えているなぁと感じたアトラクションでした。

 

そんな「トロン・ライトサイクル・パワーラン」から出ると、15時10分。

デイパレード「ミッキーのストーリーブック・エクスプレス」が15時30分からだったので、一番前で場所を取って鑑賞。

 

驚いたことに、開始20分前にもかかわらず場所取りしている人は殆どおらず、開始5分前になってようやく集まり始めるといった具合でした!

 

20分間のパレードはあっという間で、ムーランが出てきたのは中国ならでは! プーさんだけちょっと顔のバランスがあれ?って感じではありましたが(笑)すごく楽しめました!

パレードの冒頭、1列に並んで踊る人気キャラクターの中心にグーフィーを発見した主人(特技:グーフィーのモノマネ)が、「グーフィーが真ん中にいるなんて出世したなぁ」と妙に感慨深そうにしていたのが、私的には一番面白かったんですが。笑

 

その後、「ピーターパン空の旅」、「プーさんの冒険」、「七人のこびとのマイントレイン」と立て続けに乗り、ファストパスを制覇。

(いずれもファミリー向けアトラクションなので、1回乗ればまぁいいかなということでノーコメント。笑)

 

アナと雪の女王のショー「フローズン・シング・アロング・セレブレーション」では中国語の歌詞を口ずさんでノリノリに。

(もちろんセリフは雰囲気でしか分かりません。笑)

 

お土産を買い、ナイトショー「イグナイト・ザ・ドリーム」に向け、18時30分にはスタンバイしました。

 

観賞場所に選んだのは、キャッスル正面の円形花壇の右側。

既にチラホラ場所取りをする人がいましたが、幸い1番内側を確保できました。

私たちが座ったエリアより内側が仕切られていたので入れないのかな?と思っていると、ホテルのVIP専用鑑賞エリアだったみたい。

このエリアへの入場を巡って、スタッフともめている中国人を何人も見かけました。笑

 

20時、いよいよナイトショー開始!

座って場所取りしていた人たちが立ち始めるやいなや、列の外から後ろから容赦なく割り込んでくる中国人(笑)

私はといえば、前に並んでいた人がムービー撮るために手を伸ばし始めたのと、子どもを肩車し始めたせいで視界が狭くなるも、1番内側はキープしていたのでなんとか観られました。

 

ミッキーやライオンキング、アナと雪の女王、これまたムーランなど、さまざまなキャラクターがシンデレラ城に映し出せれていくのは圧巻でした!

花火も盛大で、音楽や演出と合っていたのも良かったです☆

思わず「すごーい!」と何度言ったことか。

 

1時間半待ちしましたが、これを観ただけでも行った価値がありました。

閉園後は20時30分頃にはゲートを出て、比較的スムーズに地下鉄にも乗れました。

帰宅したのは21時30分くらいだったかな?

 

正直、最初はあまり期待していなかったんですが、結果的には大満足でした!

何しろ、撮影コーナーのジャック・スパロウが日本語を喋ったのには驚きました!笑

次行くときは、今回観られなかったショーを観るのと、気に入ったアトラクションをもっと楽しむぞ(>▽<)✨

 

07.学校見学。

f:id:aytk8123:20170327102808j:image

こんにちは☆凛華です^^

24日に帰国し、昨日初のHSK受験を無事終えました!

(とはいえまだまだ2級・・・年内に4級までは取りたい(p`・ω・q))

 

ということで、今回の上海滞在中に、いろいろと語学学校を見てきました。

「上海に行ったらまず何よりも先に学校に通おう!」と意気込み、赴任決定直後にはもう学校選びを始めていたのですが、実際に行ってみないとわからないものだなと実感・・・。

 

当初は、「せっかくなら大学でしっかり学びたい」という思いもあったんですが、先に上海で学んだ友人(交通大学の語学コースを半年受講)に話を聞くと、

 

「授業はもちろん、普段の会話も英語で完結できてしまって、あまり中国語は身につかなかった」

 

とのこと。
“英語力は大学入学時がピーク”の私にはハードルが高くて断念しました(;△;)

それと、できれば午前中は授業、午後は趣味の時間、という過ごし方が理想だったので、全日制がメインの大学はちょっと違うかなぁという気もして。

そういった経緯もあり、語学学校に的を絞ることにしたんです。
そこで選んだ学校が、下記3つ。(当初の入学希望順)

①Easy Mandalin(静安寺)

②漢語文化中心(徐家匯)

③早文舎(中山公園・江蘇路)

 

それに加え、以前HSK6級取得時に家庭教師に来てもらっていたという主人から、

「家庭教師の方が融通聞くし値段設定も安いから考えてみたら?」

との助言を受けて、派遣を頼んだ

 

④コラボラーニングセンター

 

の4校?で体験授業を受けてきました。

 

 

 

 

結論から言うと・・・

私に合っているなと感じたのは ③早文舎 でした!

 

 

もともとは、中国語だけでなく英語も学び直せたらいいなぁという思いがあり、

欧米人の生徒が多く英語で授業を進める ①Easy Mandalin が第一志望でした。

 

ただ、やはり英語だとついていけない部分があり、どう質問していいかわからないという状況に(;ω;)

授業内容はとても面白くて楽しかったので、もう少し上級レベルになったらここで学びたいなと思いました!

 

翌日行ったのが、家から徒歩5分の ②漢語文化中心 。

ほぼ日本人生徒で企業からの信頼も厚い、上海では有名な学校です。

 

講師、カウンセラーとも皆さん日本語バッチリなので、質問もしやすい。

上海の地名や観光地などが会話練習に盛り込まれているので、実践的で良いなと感じました。

マンツーマンで当日キャンセルもOKだということもあり、まあお値段はそれなりにします!

 

実際主人も、このタイミングで家庭教師の話を持ってきたので。笑

ということで講師派遣をお願いしたのが ④コラボラーニングセンター 。

 

単語ひとつから、関連語や使い分け、文法も教えてもらい、網羅性はすごくあるなと感じました。

あとは、一番苦手な発音と四声。

これをちゃんと矯正してもらえたのが良かったなぁと。

 

そして最後に体験に行き、結果的に気に入ったのが ③早文舎 。

決め手は、リスニングとスピーキング重視の授業スタイルでした。

 

講師が会話を音読して、生徒が質問に答える。

発音や四声のクセは、その都度修正が入ります。

テキストを見るのは単語練習と、自分が音読する時のみ。

あくまで「耳と口を鍛える」という、日本の“グラマー重視の語学教育”とは違う視点でのレッスンが良かったです。

そういえば、ちゃんとしたレベルチェックがあったのもここだけでした(◎ー◎)

 

入学手続きなどはまだこれからですが、1日2コマ、週2回ペースで通う予定です♪

日本での勉強ももっと頑張るぞっ(^O^)ノ

 

因みに写真は全く関係ないですが、2時間待ちで食べた火鍋♪

世博大道にある北京系のお店に連れて行ってもらったんですが、店名を失念(゜Д゜;)

 

 

 

 

 

 

 

 

06.五日経過。

f:id:aytk8123:20170315144110j:plain

前回記事で書いたお引越しから1週間。

私も11日から(ここぞとばかりに有給を取って)上海に来ています^^

初めてのホワイトデーを、2人揃って新居で迎えられました♪

忘れていると思って期待していなかった(笑)お返しもちゃんともらえたので満足♡

 

到着初日は荷物の引取や買出しをして、あっという間に終了。

2日めは主人がゴルフの社内コンペだったので、その隙にお片付け。

3日めは雨&寒さ&疲れのせいで(珍しく)引きこもり。

・・・で終わるつもりが、主人の帰宅後連れ出され、カルフールデビュー(笑)

4日めにやっとジムが使えるようになったので走りにいくも、半年ぶりのランで張り切りすぎ、酸欠&全身の痺れでしばらく動けず(笑)

 

そして5日めの今日は、月末に控えた上司の送別会のムービー作成やら、またまたジムやら、HSK対策やらして過ごしています。

こんなにヒマなたくさん時間があることに、まだ慣れません。

いろいろ本格的に動き出すのは明日からかな?

 

日本で買ってきた海外対応の炊飯器のプラグがなくて使えなかったり

レンジが稼働しているのか謎だったり(動きはするけど温かくならない)

まだ問題はありますが、24日の帰国まで楽しみます☆

 

 

 

 

 

05.搬家完了。

f:id:aytk8123:20170315151125j:plain

遂にこの日がやってきました!
2016年9月16日、主人が内示を受けてから約半年。
2017年3月9日、いよいよ上海へお引越しです。

・・・とはいえ私は仕事とビザの関係もあり、後追いなんですけどね(―ω―)
(ビザ取得手続きなどはまた改めて書ければと思います)

この引越しに関しては・・・思うことが色々ありました(笑)
というわけで少し長くなることを先に断っておきます(笑)

実は当初、「2月上旬に赴任」と聞いていたので、2月末退去と不動産屋さんには伝えていたんです。
それが、春節やら主人の勘違いやら(!)が重なり、Zビザの取得が遅れ、蓋を開けてみれば1ヵ月遅れでの赴任に。

にもかかわらず、

「3月から新しい入居者が入るから、当初の予定どおり2月末までに部屋を空けてもらいたい。」

と不動産屋さんから言われてしまい、赴任までの10日間の家を探すところからスタートしました。

余談なんですが、私の実家は京都(のちょっと南の方)で、職場も実家から徒歩圏内なので、退去と同時に実家に戻るつもりでいたんです。
幸い会社から補助もいただけるので、主人はホテルなりウィークリーなり利用するんだろうと。その方が荷物も1回で片付いてスムーズだろうと。

ところがその想定をあっさり裏切り、
Airbnbで部屋借りるから(宿泊人数多くても定額だし)凛華も赴任までの間一緒に泊まるでしょ?」
と言いだし、私にとっては初めて(主人は以前にも上海赴任経験あり)の海外引越しをさらにややこしくした主人!笑(゜▢゜;)(不安1)

航空便、船便、トランクルーム、人に譲るもの、実家に持って帰るもの、捨てるもの、主人の赴任時の荷物。
それに加え、10日分の2人の衣類、ひとまずの生活用品や使いかけの食糧品なんかの仕分けもすることになってしまいました。
しかも退去当日、主人は半休しかとれず、私1人で業者対応することに(;ω;)(不安2)

「業者はプロなんだから、任せておけば荷造りもチェックもやってくれるよ。荷物もそんなにないし、多分2時間くらいで終わるんじゃない?だから別に当日まで、何もしなくても大丈夫だよ!」
と主人から言われていたので、半信半疑ながらも航空便で送る荷物の用意ぐらいしかしていなかった私。(不安3)
(注:夏休みの宿題でたとえるなら、私は先に全部済ませるタイプ、主人は最後に追い込むタイプ。)

そして迎えた退去当日の朝。
主人を送り出し、こまごました書類や雑貨類(我が家はこれが異様に多い)を仕分けていると、あっという間に9時。
京都市内ならではの一方通行の路地を分け入り、業者さんが3人来てくれました。

ランクルーム行きの荷物を運び出し、中身を税関チェックリストに記入しながらちゃっちゃと作業を進める業者さん。
午前中でなんとかなりそうだなぁ~とひとまず安心したのも束の間、

「奥さん、この段ボールの中身何かわかります?」
「・・・え、わかんないです(・△・;)」

私がいない間にこっそり作業していた主人の荷物の中身がわからない(笑)
中には、持ち込みできない電化製品なんかもあったり、捨てていいものなのかどうか判断に困るものが数点。
それだけならまだしも、捨てるからとそのままにしていた調理器具やラック、仮宿に持って行く生活用品など、気づけば荷物でないものがたくさん・・・。

増える増えるごみ袋の山。
そんな中、前触れなく家電回収にやってくるリサイクル業者。(主人が当日急遽手配したことが後に判明。言ってよ!笑)

「やばい、このごみどうしよう。」「立会い(14時)に間に合うかな。」「そもそも車にこの荷物乗る?」「もしかして仕分け間違った?」「やっぱりちゃんと荷造りしておけば良かった!」「え、このタイミングでリサイクル屋さん来るの?!」
どんどん思考回路がショートしていく私( Д )
頭から“ぷしゅ~”って音が聞こえた気がしました。笑

そして、なんとかかんとか12時に作業は終了。
主人しか記入できない書類のみを残し、署名捺印を終えてほっと一息・・・。
まだ掃除は少し残っているものの、「おなかすいたなぁ。お昼ごはん何食べようかなぁ~。」とようやく頭がクールダウンしかけたところに、主人が帰宅。

「お~、だいぶスッキリしたね~。家電も引き取ってもらえて良かった良かった(^^)・・・ん、あのダンボールは?」
主人の目には、部屋の隅に置かれたままの段ボールが。

「え、これ捨てるって言ってたからいじってないよ。いいんだよね?」
「いやいや、なんか必要なものあるでしょ。ちょっと今からもう一回業者に詰めてもらうわ。」
(・・・え、また今から?もう書類も全部出したのに?)

実はこの段ボール、1年前に主人が京都に引越してきた時の荷物がほぼそのままになっていて、私はほとんど中身を知らなかったもの。
引越し前に何回か主人に「私には中身わからないから確認しておいてね」と釘を刺した際、「捨てるから~」と言って手をつけていなかったもの。

この時点で12時45分。立会いは14時。
業者さんには申し訳ないわ、妻としてのメンツは立たないわで、頭のスイッチが完全に切り替わりました(ー_ー)

結局最後の搬出が終わったのは13時30頃。
13時40分、心を落ち着かせようと掃除してたら来ちゃいました、立会い人のおにーちゃん。(早いわっ!)
立会いは主人に任せ、私は車へ、当面の荷物(と当日出てしまった大量のごみ袋)を積みこみながら待つことに。

もともとごみに関しては、退去日からごみ収集日まで2日あったので置いておくわけにもいかず、仮宿に持って行き、その地域の収集日に出そうと話していました。
それがまさか、車の容量の大半を占め、ドアが閉まるか閉まらないかという光景に、もう空腹も気にならなくなりました(笑)

というより、「この状況を何とかしないと、ゆっくりごはん食べられない」と思ったんでしょうね。
ふと、持込可能なごみ処理場があるのを思い出し調べてみると、まだ持込受入時間内とのこと。
有料だけれどそこにごみを持って行こうと提案したところ、主人ももちろん快諾。
なんとかごみを全て処理し、Airbnbで探した仮宿に着く頃には17時を回っていました。


その後、仮宿の近くでやっと夕食を食べたんですが・・・しばらく胃痛に襲われました(笑)
空腹を通り越しすぎていたのか、疲れ果てていたのか、はたまた早く食べ過ぎたせいなのか、原因はわかりません(笑)

そして実はこの仮宿滞在中にも色々あったのですが、そこはまぁ割愛するとして。
11日からは私も2週間、さっそく上海の新居へいってきます♪
家具家電は全て揃ってはいるものの、部屋を調えて、快適な空間づくりをしていくのはすごく楽しみ^^
滞在中に無事に航空便が届けばいいなぁ。

04.京都帰還。

上海8日間、無事終了しました。

 

家は結局、先述したマンションの違うフロア&間取りの部屋に決めました[emoji:B04]

 

場所は徐家匯。

不動産屋さんが「日本でいう渋谷」だと口を揃えて言う地区に住みます(・∀・)

 

日本から持っていく家電や生活用品は何もないんじゃないか、っていうくらい何でも揃っている外国人向けマンション[emoji:4B2]

 

自分と同じように、子どものいない日本人妻がいてくれたら嬉しいなと思いつつ

 

来月の引越が待ち遠しいです[emoji:B60]

03.非常満意。

渡航4日めにしてやっと、今回の目的である物件探し[emoji:4B0]に行ってきました[emoji:B85]

 

リストからピックアップした物件

義弟が「ここは超金持ちばっかり住んでる!」と言う物件

主人の上司や同僚も住んでいるお薦め物件

などなど、一日がかりで。

 

結果・・・

デメリットもしっかり教えてくれる不動産屋さんだったこともあり、今日だけで本命がほぼ決まりました[emoji:B60]

 

夫婦世帯で学校や子育て環境を考慮する必要がないので、利便性と快適性を重視[emoji:B04]

 

一応明日も半日時間をとってるけど、まぁ、揺らぐことはないでしょう。

 

実際に家を見てイメージが固まると、そこで生活してる姿まで浮かぶから不思議ですね[emoji:327]

02.突発蘇州。

f:id:aytk8123:20170214110624j:plain

上海2日め。

ホテルでのんびり読書でも・・・と思っていたのに、午後から蘇州へ行くことに。笑

 

というわけで、高速鉄道[emoji:7E2]デビューしてきました!

ついでに交通カードもGET[emoji:B60]

 

いつも主人のスケジュールには「上海ー蘇州 2時間」と書かれていたので、遠いイメージがあった蘇州。

(後から聞けば車移動の想定のため時間に余裕を見ているとのこと笑)

 

実際には、京都ー名古屋間と変わらない時間で行けるなら、日帰りで十分楽しめそう

今度ゆっくり回ってみることにします[emoji:813]